利益をたくさん得る工夫

風通しを良くする工夫

乾燥させる工夫をしよう

ずっと窓やドアを閉めていると、湿気がすぐに籠ってしまいます。
カビは、湿気を好んでいるので、常に乾燥させることを心がけてください。
晴れている日は、窓を開けておきましょう。
ドアも開けると空気の通り道ができて、湿気を退治できます。
タンスやクローゼットに、ブランド品を収納している人が多いと思います。

その扉も開けて、ブランド品が空新鮮な空気に触れる環境を作ってください。
頻繁に、空気の入れ替えをしましょう。
1か月に1回ぐらいのペースでは、カビの発生を抑えることはできません。
晴れている日が続いていたら、毎日そのような対策をしましょう。
毎日の心がけが、ブランド品を高く売ることに繋がります。
努力して、利益を増やしましょう。

除湿剤を使ってみよう

梅雨の時期は、なかなか窓を開けることができません。
ずっと締め切った状態になるので、湿気が籠りやすいです。
その状態を放っておかないで、除湿剤を使ってください。
すると部屋を閉め切った時でも、湿気を除去できます。
市販されている除湿剤を使っても良いですし、新聞紙をタンスやクローゼットの中に敷いても良いですね。

新聞紙が湿気を吸ってくれるので、カビ対策になります。
効果がなくなったら、新聞紙を取り換えてください。
余計な費用が発生しないので、節約を心がけている人は新聞紙を活用しましょう。
大体1枚で、半年ほど効果が持続すると言われています。
しかしかなり湿気が溜まっている時は、それより早く効果が切れるかもしれません。